前へ
次へ

歴史のある鍼灸治療愛される訳

西洋医学は明治以降ヨーロッパから伝来しました。しかし東洋医学はそれ以前から中国や日本で行われていた伝統的な医学です。草根木皮を使用する薬物療法を漢方と呼び、それ以外の中心的な治療法が鍼灸治療です。鍼灸の鍼は注射針や裁縫用の針と比較するとさらに細いのが特徴です。太さは成人の毛髪くらいで先端は特殊な角度になっています。そのため刺しても痛みを感じません。最近の鍼灸治療では感染症防止のため1回で使い捨てにする鍼を使用する鍼灸院も多いです。現在の鍼灸治療は痛く無くて衛生的なので安心して治療を受けられます。鍼灸院で受けられる灸も様々なタイプがあります。灸を大別すると皮膚に直接すえるものと間接的にすえるものの2種類です。現在の直接すえるものは米粒以下のもぐさを使って、燃えきる寸前に新しい灸と取りかえるというスタイルです。間接的にすえる灸は皮膚と燃えるもぐさの間に、効果があるとしてニンニクやショウガを敷くスタイルです。そのため熱さを感じるというよりは、温かくて気持ちが良いという感じです。

Page Top