前へ
次へ

鍼灸治療の後の怠さは問題なし

整体やマッサージでもそうですが、鍼灸治療で体の不調を外側からの力で調整した場合、一時的に怠さが出ることがあります。あくまでも一時的なものなので、無理せずゆったりと過ごせば数日で消えます。西洋医学の薬の場合はそういったことがないため、不安になる人もいるかもしれません。また、怠さが出るのは施術の加減にもよるそうです。長い時間をかけて施術をしたり、一度の施術でたくさんの鍼を使ったりすると起こりやすいとも言われています。体が多くの刺激を受けすぎて、一時的にキャパシティオーバーになってしまう状態と言えるでしょう。「鍼灸治療とはそういうものだ」と慣れている人や、そういった施術を好む人もいます。特に問題はないとはいえ、そういった症状が不安だという人は、施術時間を短くして低刺激を心がけている鍼灸院もありますので、そういうところを選ぶといいでしょう。また初めて鍼を打つという人も、なるべく最初は短い時間で施術を受けるといいかもしれません。

Page Top